産経ニュース

オーストラリア国籍付与には「堪能な英語」が条件 ターンブル首相が法改正を提案

ニュース 国際

記事詳細

更新


オーストラリア国籍付与には「堪能な英語」が条件 ターンブル首相が法改正を提案

市民権の取得の要件として「堪能な英語が必要」と記者会見で話すマルコム・ターンブル首相=20日、キャンベラの国会議事堂(ロイター) 市民権の取得の要件として「堪能な英語が必要」と記者会見で話すマルコム・ターンブル首相=20日、キャンベラの国会議事堂(ロイター)

 オーストラリアのターンブル首相は20日、国籍(市民権)取得の要件として「堪能な」英語力のほか、民主主義など「オーストラリアの価値」への誓約を求め、関連の法改正を提案すると発表した。

 過激派の影響を受けたテロ計画の摘発が相次ぐ中、移民に「社会統合への意思」(地元紙)を確認する格好だ。

 永住権取得から4年の居住歴、英語試験での高得点などが必須となる。地元メディアによると、「市民権テスト」で女性への家庭内暴力や子供の強制結婚など違法行為への見解を問いただすことも想定されている。

 ターンブル氏は記者会見で「オーストラリアの多文化社会は世界で最も成功している。国民は人種や宗教ではなく、自由、民主主義、法の支配、男女平等といった価値への誓約によって定義される。(社会で)成功するには英語を話せなければならない」と述べた。(共同)

このニュースの写真

  • オーストラリア国籍付与には「堪能な英語」が条件 ターンブル首相が法改正を提案
  • オーストラリア国籍付与には「堪能な英語」が条件 ターンブル首相が法改正を提案

「ニュース」のランキング