産経ニュース

中国人元弁護士一家、暴力で家から退去強制 今は派出所で生活「靴もない」 厳しさ増す中国の人権状況 

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国人元弁護士一家、暴力で家から退去強制 今は派出所で生活「靴もない」 厳しさ増す中国の人権状況 

北京市内の借家を暴力的に追い出され、派出所内での生活を余儀なくされている倪玉蘭さん(本人提供) 北京市内の借家を暴力的に追い出され、派出所内での生活を余儀なくされている倪玉蘭さん(本人提供)

 倪さんは土地強制収容の被害者を支援していた02年に公務執行妨害罪で実刑判決を受けたのをはじめ、数回投獄された。米国務省は昨年3月、「警察の度重なる脅迫にもかかわらず、ひるまず人権擁護活動を続けた」として倪さんに「世界の勇気ある女性賞」を授与している。

 カナダ紙によると、日本を含む11カ国の駐中国大使が連名で2月末、人権派弁護士に対する拷問などの問題について実態調査を求める書簡を中国の公安省に提出したが、米国は含まれていなかった。オバマ前政権下で北京の米大使館は、折に触れて中国の人権状況を懸念する声明を発表してきた。「米政権の人権分野のスタッフの未整備」(北京の外交筋)などが原因とみられるが、中国国内では人権状況への関心の低下を懸念する声も上がっている。

「ニュース」のランキング