産経ニュース

上海モーターショー開幕、自動運転技術と電気自動車で競う、世界最大の市場に1千社が出展

ニュース 国際

記事詳細

更新


上海モーターショー開幕、自動運転技術と電気自動車で競う、世界最大の市場に1千社が出展

上海国際モーターショーで展示された、日産自動車の小型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「キックス」(左)=19日(共同) 上海国際モーターショーで展示された、日産自動車の小型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「キックス」(左)=19日(共同)

 【上海=河崎真澄】中国上海市で19日、世界最大規模の自動車展示会「上海国際自動車ショー(上海モーターショー)」が開幕した。18の国・地域から約1千社が参加し、世界初公開の113車種を含む1400台以上が出展された。

 中国では深刻化する大気汚染を背景に政府が環境対策を強化。これを受け今回は電気自動車(EV)を中心とした環境対応車が目玉となっており、対応車の展示は159車種にのぼる。

 トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど日本勢もEVのほか、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)、水素で走る燃料電池車など最先端技術を前面に打ち出した。AI(人工知能)を採用した自動運転技術も紹介した。

 中国では昨年1年間に2802万台の新車が販売され、8年連続で世界一の市場になった。米国の約1・6倍、日本の約5・6倍という規模で、日米欧のメーカーも“主戦場”と位置づけて、しのぎを削る。

 北京と上海で、交互に隔年開催される中国のモーターショー。「肌の露出が多すぎる」と批判され、2年前から女性モデルの参加が禁じられたため、出展社は女性ダンサーの演技による演出など、工夫を凝らしている。公開は28日まで。

このニュースの写真

  • 上海モーターショー開幕、自動運転技術と電気自動車で競う、世界最大の市場に1千社が出展
  • 上海モーターショー開幕、自動運転技術と電気自動車で競う、世界最大の市場に1千社が出展
  • 上海モーターショー開幕、自動運転技術と電気自動車で競う、世界最大の市場に1千社が出展

「ニュース」のランキング