産経ニュース

米でフェイスブックに殺人動画、容疑者が自殺 アカウント閉鎖まで2時間余り チェック体制の不備問う声も

ニュース 国際

記事詳細

更新


米でフェイスブックに殺人動画、容疑者が自殺 アカウント閉鎖まで2時間余り チェック体制の不備問う声も

記者会見するフランク・ジャクソン・クリーブランド市長=18日、米クリーブランド(AP) 記者会見するフランク・ジャクソン・クリーブランド市長=18日、米クリーブランド(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】米中西部オハイオ州で通りかかりの男性(74)を射殺した容疑者の男(37)が、殺害する瞬間の動画をフェイスブックに投稿した事件があり、捜査当局は18日、指名手配中だった男が東部ペンシルベニア州で自殺したと発表した。

 殺害動画は男が投稿した後、フェイスブック社が男のアカウントを閉鎖するまで2時間余り閲覧が可能だった。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「このような悲劇を防ぐため、あらゆる対策を実施する」と表明。同社には過去にもチェック体制の不備を指摘する声があり、ザッカーバーグ氏は問題のある投稿をいち早く発見するため、人工知能(AI)の活用も検討する考えを示した。

 米メディアによると、男は児童施設に勤務するスティーブ・スティーブンズ容疑者。16日にオハイオ州クリーブランドで空き缶を拾い集めていた男性を射殺して逃走。フェイスブックに、携帯電話で自ら撮影した殺害場面を投稿したほか、さらなる殺害予告も行っていた。警察が18日朝に隣州のペンシルベニア州で容疑者を発見して追跡中、自分の車の中で頭部を撃って自殺した。

「ニュース」のランキング