産経ニュース

日本人技師・八田與一像損壊、切断したのこぎり押収 台湾

ニュース 国際

記事詳細

更新


日本人技師・八田與一像損壊、切断したのこぎり押収 台湾

日本人技師の銅像をのこぎりで切断する際の写真(フェイスブックから・共同) 日本人技師の銅像をのこぎりで切断する際の写真(フェイスブックから・共同)

 台湾南部で起きた日本統治時代の日本人技師銅像の損壊事件で、警察当局は17日夜、銅像の切断に使われたとみられるのこぎりを、容疑を認めている女性の友人宅で押収した。台湾メディアが18日までに報じた。

 事件では中国との統一を主張する政党の党員と仲間の女性が容疑を認めており、警察が裏付け捜査を進めている。

 これまでの調べでは、2人は14日に銅像のある台南市・烏山頭ダムへ行き、15日未明、ダム建設を主導した八田與一氏の銅像の頭部を切断。その後、のこぎりを台湾東部の台東にある女性の友人宅に郵送していた。

 また2人の活動を支持するグループのフェイスブックには、2人が像を壊す際の写真が掲載された。3月末に台湾の急進独立派が国民党の最高指導者だった蒋介石の銅像の頭部を切り落とし、フェイスブックで写真を公開する騒ぎがあり、模倣した可能性もある。(共同)

このニュースの写真

  • 日本人技師・八田與一像損壊、切断したのこぎり押収 台湾

関連ニュース

「ニュース」のランキング