産経ニュース

【今週の焦点】18日に日米経済対話 「貿易」争点化回避できるか 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【今週の焦点】
18日に日米経済対話 「貿易」争点化回避できるか 

米のウィルバー・ロス商務長官(ロイター) 米のウィルバー・ロス商務長官(ロイター)

 日米両政府は18日、東京都内で日米経済対話の初会合を開く。対日貿易赤字を解消すべく2国間の通商交渉を進めたい米側の圧力を、日本側が回避できるかが焦点となる。経済対話に合わせ来日するロス米商務長官と世耕弘成経済産業相が経済対話とは別枠で会談する予定で、日本側は通商担当の両氏を経済対話から外し、対話での貿易不均衡の是正や通商問題の争点化を回避する狙いだ。(西村利也)

 2月の日米首脳会談で創設が決まった日米経済対話は、財政・金融のマクロ経済政策▽インフラやエネルギーなどでの協力▽2国間の貿易に関する枠組み-の3分野について話し合うことで合意。18日には双方の責任者である麻生太郎副総理兼財務相とペンス米副大統領が会談し、議論の進め方などを確認する。

 最も注目される2国間の貿易をめぐる日米両国の思惑はすれ違っている。

 日本側は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の推進を念頭に「日米主導によるアジア太平洋圏の貿易ルール作りを提案する」(財務省幹部)方針だ。米側の関心が高い自動車や農産物の市場開放についての議論は避け、TPP合意内容を基礎に知的財産権の保護や電子商取引などルール分野を中心に議論を進めたい考え。一方の米側は、経済対話の事前調整で2国間の貿易交渉を議題に取り上げるよう主張している。

続きを読む

「ニュース」のランキング