産経ニュース

【仏大統領選】エリートと国民の溝深刻 パリ政治学院政治研究所事務局長マダニ・シュフラ氏

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏大統領選】
エリートと国民の溝深刻 パリ政治学院政治研究所事務局長マダニ・シュフラ氏

13日、仏中西部で開かれた集会に参加した国民戦線のルペン党首 (ロイター) 13日、仏中西部で開かれた集会に参加した国民戦線のルペン党首 (ロイター)

 ただ、マクロン氏には、二大政党に投票したくないが、左右の極端な主張も支持できないとの「消極的」理由で支持する人が多い。だから支持者の中で「確実に投票する」との割合はルペン氏やフィヨン氏より低く、盤石でない。「右か左か」との意識が強い国民に「右でも左でもない」と訴えるのも「賭け」であり、浸透するかは不明だ。

 二大政党の候補がともに大統領選で敗れると、仏政治には大きな衝撃だ。1958年の第五共和制発足以来、左右両派を軸とした政治の勢力地図を塗り替える動きが出てきて大転換に至る可能性もある。6月の国民議会(下院)選挙に向け、どんなシナリオもあり得る。(談)

このニュースの写真

  • エリートと国民の溝深刻 パリ政治学院政治研究所事務局長マダニ・シュフラ氏

「ニュース」のランキング