産経ニュース

【北朝鮮情勢】「非核化は外交的手段で」露外務次官、米国を牽制

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
「非核化は外交的手段で」露外務次官、米国を牽制

 ロシアのリャプコフ外務次官は14日、「朝鮮半島の非核化に関するあらゆる問題は、政治・外交的手段で解決されなくてはならない。武力による圧力は望ましい効果を生まない」と述べ、北朝鮮への軍事的圧力を強める米国をけん制した。インタファクス通信が伝えた。

 リャプコフ氏はまた、米国がアフガニスタンでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の施設に投下した大規模爆風爆弾(MOAB)を北朝鮮やシリアでも使用するのではとの観測をめぐり、根拠がないとの見方を示した。

 ロシア外務省のクリク・アジア第1局長は13日、モスクワの北朝鮮大使館で行われた式典で、ロシアが北朝鮮、また関連諸国と「緊密に協力する用意がある」と発言。クリク氏は、ロシアが「北朝鮮を含む、周辺諸国の安全が確保されることを望む」と強調した。

 ロシアは北朝鮮との関係を維持し、欧米との間を取り持つことで、国際社会への発言力を維持する戦略をとるといわれる。(モスクワ 黒川信雄)

「ニュース」のランキング