産経ニュース

【金正男氏殺害】「核戦争起こり得る」 マハティール・元マレーシア首相の一問一答

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
「核戦争起こり得る」 マハティール・元マレーシア首相の一問一答

5日、クアラルンプール近郊で、産経新聞と単独会見するマハティール元首相(ムズリザ・ムスタファ撮影) 5日、クアラルンプール近郊で、産経新聞と単独会見するマハティール元首相(ムズリザ・ムスタファ撮影)

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアの首相として1981年から22年間にわたり、「開発独裁型」の経済発展を進めたマハティール氏。5日の産経新聞との会見では、北朝鮮の金正男氏殺害事件で厳しい対応を迫られた自国政府を代弁した。また、北朝鮮をめぐる安全保障環境に強い危機感を示した。主なやりとりは以下の通り。

 --正男氏殺害事件へのマレーシア政府の対応は

 「とても異例のことで対応が分からず、まず事件として扱った。だが、北朝鮮との対立は避けたかった。それが警察や外務省など、各政府機関が矛盾する声明を出した理由だ」

 --なぜマレーシアが現場に

 「暗殺を遂行するのに便利な国だった。各国の旅客が自由に訪れ、出国している。現場の空港は利用が多く、人混みに紛れ込むこともできる。また、ビザ免除も北朝鮮側にとっては特別な待遇だった」

 --ベトナム人とインドネシア人の2被告に、本国などで同情論も出ている

 「だまされたと主張するなら、公判で証明すればいい。(有罪なら死刑となる)殺人罪で起訴されたが、まだそう判決を下されたわけではない」

 --北朝鮮が弾道ミサイルを発射した

続きを読む

このニュースの写真

  • 「核戦争起こり得る」 マハティール・元マレーシア首相の一問一答

関連ニュース

「ニュース」のランキング