産経ニュース

【金正男氏殺害】「金正恩氏は非理性的指導者」 マハティール・元マレーシア首相が単独会見

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
「金正恩氏は非理性的指導者」 マハティール・元マレーシア首相が単独会見

5日、クアラルンプール近郊の執務室で産経新聞と会見するマレーシアのマハティール元首相(吉村英輝撮影) 5日、クアラルンプール近郊の執務室で産経新聞と会見するマレーシアのマハティール元首相(吉村英輝撮影)

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアのマハティール元首相(91)は5日、産経新聞と単独会見し、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件について「マレーシアの開放性」が悪用されたと批判した。一方、同日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮の金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「普通ではない指導者」と指摘しつつ、戦争回避へ、日本などに外交での解決を求めた。

 マハティール氏は首相在任中の2000年、北朝鮮国民のビザ無し訪問を認めるなど、両国関係の強化を進めた。同氏はただ、観光業推進などに向けたビザ免除は他国にも実施しており、「北朝鮮を特別扱いしたわけではない」と主張した。

 一方、国際社会で敬遠される北朝鮮にとり、マレーシアは自由に渡航できる数少ない国だったため、暗殺現場に選ばれたのだろうと指摘。マレーシアの全方位外交や各国との自由交流が、過去も国際テロに悪用されてきたと述べた。

 その上で、遺体や参考人引き渡しで北朝鮮に譲歩したマレーシア側の対応は、マレーシア人が人質になったこともあり「状況は複雑だった」と理解を示した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング