産経ニュース

左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ

ニュース 国際

記事詳細

更新


左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ

勝利宣言の後、支持者らと記念撮影するエクアドル最左派の候補、レニン・モレノ新大統領=4日、キト(ロイター) 勝利宣言の後、支持者らと記念撮影するエクアドル最左派の候補、レニン・モレノ新大統領=4日、キト(ロイター)

 【ロサンゼルス=中村将】南米エクアドルで2日に行われた大統領選決選投票で、選挙管理当局は4日、反米左派の現職コレア大統領の後継候補で、前副大統領のレニン・モレノ氏(64)が当選したと発表した。僅差で敗れた野党右派の元経済相、ギジェルモ・ラソ氏(61)は開票作業に不正があったとして、選挙結果を認めない姿勢を示している。

 ロイター通信によると、開票率99・65%の段階で、モレノ氏の得票率は51・16%、ラソ氏が48・84%。南米では経済の低迷などによって、左派政権から右派政権への転換が相次いでおり、決選投票の結果が注目されていた。

 モレノ氏は1998年に強盗に銃撃されて下半身不随になり、車いすで生活を送っている。ロイター通信によると、車いすの国家元首はきわめて異例で、米国ではフランクリン・ルーズベルト元大統領(1933~45年在任)が使用していた。モレノ氏は5月24日に就任し、任期は4年。

 選挙戦ではロンドンのエクアドル大使館に身を寄せている内部告発サイト、ウィキリークスの創設者、アサンジ容疑者の処遇についても争点となり、ラソ氏は立ち退きを主張していた。

 モレノ氏は2日夜に勝利を宣言。アサンジ容疑者はこれを受けて、「ラソ氏が30日以内にエクアドルから退去することをすすめる」とツイッターにアップした。

このニュースの写真

  • 左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ
  • 左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ
  • 左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ
  • 左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ
  • 左派候補の勝利を発表、エクアドル 車いすの大統領誕生へ

「ニュース」のランキング