産経ニュース

【エルドアンのトルコ 中東混沌(2)】宗教と対決・共生、票のため

ニュース 国際

記事詳細

更新

【エルドアンのトルコ 中東混沌(2)】
宗教と対決・共生、票のため

ギュレン教団との関わりから教師を免職となったギュベン氏は、トルコ東部エルズルム県の故郷でひっそりと暮らしていた(大内清撮影) ギュレン教団との関わりから教師を免職となったギュベン氏は、トルコ東部エルズルム県の故郷でひっそりと暮らしていた(大内清撮影)

 エルドアンは14年の大統領選を前に教団の指導者を訪問。選挙では大勝した。信者のギュルスム・バシャク(45)は「おかげで居心地がよくなった」と喜ぶ。恩恵にあずかりたいとの期待がのぞく。

 イスラム教団との共生を繰り返すエルドアン。AKP支持層からも「進む方向が見えない」との声が上がる。=敬称略(エルズルム、イスタンブール 大内清)

「ニュース」のランキング