産経ニュース

【朴政権崩壊】「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朴政権崩壊】
「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転

ソウル中央地検に出頭する朴槿恵前大統領(手前)=21日(代表撮影・共同) ソウル中央地検に出頭する朴槿恵前大統領(手前)=21日(代表撮影・共同)

 【ソウル=名村隆寛】「国民の皆様に申し訳なく思います。誠実に聴取に臨みます」

 親友で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告の共犯として取り調べを受けるために21日午前、ソウル中央地検に出頭した韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領は、集まった報道陣を前にこう語り、地検に入った。

 午前9時半の呼び出しを前に、地検から約5キロ離れたソウル市江南区にある朴氏の自宅付近には、韓国国旗を持った大勢の支持者や報道関係者が早くから集まった。警察官が厳重警備し、自宅前は物々しい雰囲気に包まれた。

 出頭予定時間の約15分前に、紺色の服を着て自宅から姿を現した朴氏。表情にやや疲れを見せそのまま乗用車に乗って出発。沿道から支持者に見守られ、白バイや護衛車に挟まれ、約8分で地検に到着した。車を降りた朴氏は軽く会釈し、報道陣に心境を語ったが、簡単な二言だった。

 4年前の同じころ、政権発足直後の朴氏には、不正とはほど遠いクリーンなイメージが定着し、経済再生などへの期待が高まっていた。しかし、5年の任期満了を待たずに、今月10日、罷免された。朴氏は前大統領ではあるが、もはや一市民の身分。4年前と境遇は大逆転し、道陣に囲まれた姿はまさに“さらし者”だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転
  • 「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転
  • 「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転
  • 「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転
  • 「誠実に聴取に臨む」 検察出頭の朴氏 支持者の声援も空しく 境遇は大逆転

「ニュース」のランキング