産経ニュース

パックご飯、中国向け輸出拡大へ レストランなどで限定メニュー提案 農水省

ニュース 国際

記事詳細

更新


パックご飯、中国向け輸出拡大へ レストランなどで限定メニュー提案 農水省

 農林水産省が、電子レンジで温めて食べる「パックご飯」を中国に輸出し、上海の高級レストランでメニュー提供のキャンペーンを今月末に開始することが20日、分かった。コメ輸出拡大の一環として、日本の「パックご飯」の手軽さや味のよさをアピールし、高級品として売り出すのが狙い。輸出の規制が少ないパックご飯の中国市場での定着を目指す。

 キャンペーンは、日本貿易振興機構(ジェトロ)と、飲食店検索サイトを運営する「ぐるなび」が企画した。和食だけでなく、洋食や中華、ベトナム料理のレストランなどに出し、客単価が100~450元(約1600~7400円)の10店を選んだ。

 3月末から約2週間、各店がパックご飯を使った限定メニューを考案、提供する。2千~3千食の消費を目指す。ジェトロの担当者は「味を求める中間層以上に知ってもらう。日本食以外の食べ方も紹介し、輸出拡大を目指す」と話す。

 中国は日本の農産物に対して厳格な検疫を行っており、コメについては神奈川県内の農協グループの精米工場で精米したものしか認めていない。一方、パックご飯には厳しい検疫はない。現地では中国産よりも倍以上の高値だが、味への評価は高い。

「ニュース」のランキング