産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国紙会長が政界入り?大統領選出馬の観測も

中央日報の洪錫●(=火へんに玄)会長(聯合=共同) 中央日報の洪錫●(=火へんに玄)会長(聯合=共同)

 韓国の保守系有力紙、中央日報の洪錫●(=火へんに玄)会長(67)が18日に辞意を表明し、大統領選出馬を含む政界入りの観測が出ている。幅広い人脈を持つ洪氏が政治活動に入れば影響力を持つとみられ、動向に注目が集まっている。

 洪氏は財務官僚出身で、姉の夫はサムスングループトップの李健煕サムスン電子会長。中央日報の経営トップを1994年から務め、盧武鉉政権時代の2005年には駐米大使に就任した。

 洪氏は海外の要人や北朝鮮問題の専門家に顔が広く、中央日報は保守系紙ながら北朝鮮に対する「包容政策」を支持してきた。

 洪氏は社員へのメールで「韓国の未来のため、微力を尽くそうと決めた」と述べたが、19日に中央日報の系列紙が掲載したインタビューでは、今後の行動について明言を避けた。(共同)

「ニュース」のランキング