産経ニュース

【朝鮮半島情勢】「ミサイル防衛を無力化」中国が“電磁気”装置を配備 元軍幹部が言及

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島情勢】
「ミサイル防衛を無力化」中国が“電磁気”装置を配備 元軍幹部が言及

 【北京=西見由章】韓国が配備作業を始めた米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」に対抗して、中国はレーダーの妨害装置を配備すると退役将軍が発言し、国内で注目を集めている。中国の強硬な反対にも関わらず配備を撤回させる見通しが立たない中、国内世論に向けた“強気のメッセージ”の意味合いもありそうだ。

 14日付の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、王洪光・元南京軍区副司令官は「中国にはTHAADのレーダーを無力化する手段がある。われわれはTHAADの運用が開始される前に装置の配備を完了するだろう」と語った。韓国への配備を阻止できないとの分析を示した上での発言だ。

 人民解放軍の退役大佐で軍事専門家の岳剛氏も「THAADの破壊は戦時にとるべき選択肢だが、(現時点では)電磁気技術によってその機能を妨害できる」と同紙に指摘した。装置の配備場所として朝鮮半島の対岸の山東半島を挙げた。

「ニュース」のランキング