産経ニュース

【中国軍事情勢・番外編】「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国軍事情勢・番外編】
「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線

中山科学研究院の展示施設ロビーに置かれた対艦ミサイル雄風3の実物大模型=8日、台湾・桃園市(田中靖人撮影) 中山科学研究院の展示施設ロビーに置かれた対艦ミサイル雄風3の実物大模型=8日、台湾・桃園市(田中靖人撮影)

 8日の開幕式典には、陸海空軍のトップが出席。董事長としてあいさつした馮世寛国防部長は、米国の武器売却に謝意を示しつつも、F16の売却交渉で、駐米武官として要望書を提出した際、米側の担当者がすぐに引き出しにしまい、「12年連続で受け取っていて、引き出しには似たような報告書が11本ある」と告げられた逸話を披露、主力兵器の供給を外国に頼る悔しさをにじませた。馮氏は蔡英文政権が掲げる「国防自主」政策についても「10年以上遅かった」と嘆き、台湾が国連を脱退した際、後の総統、蒋経国が呼びかけた「自強」政策を全力で実行していれば、「成果はこの程度ではなかったはずだ」とも述べ、自主開発の重要性を強調した。

先端兵器の数々

 施設は、入り口ホール脇に雄風3と地対空ミサイル「天弓3」の実物大模型が展示されている。同院が開発したミサイルを紹介するスペースでは、天弓3が限定的な弾道ミサイル迎撃や巡航ミサイルの迎撃能力を持つことが説明されていた。弾頭は、目標に到達する直前に内部で起爆して変形し、その結果、破片が必要な方向に集中して飛散するよう設計されているという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線
  • 「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線
  • 「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線
  • 「空母キラー」生んだ台湾・中山科学研究院を訪れると…「国防自主」担う兵器開発の最前線

「ニュース」のランキング