産経ニュース

【クリミア併合3年】親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥

ニュース 国際

記事詳細

更新

【クリミア併合3年】
親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥

シンフェロポリで16日、住民投票から3年を記念して行われたパレード=ウクライナ南部クリミア半島 シンフェロポリで16日、住民投票から3年を記念して行われたパレード=ウクライナ南部クリミア半島

 3年前の3月16日、クリミアではロシア編入の是非を問う住民投票が実施された。16日にはこれを記念する式典が開催された。

 参加者の元教師、エレーナさん(69)は「プーチン氏は私たちのことを考えてくれる唯一の大統領。平和に暮らせて本当に幸せ」と笑顔で語った。

 式典ではクリミアの“平和”が強調された。紛争が続くウクライナ東部2州の親ロシア派武装勢力のトップらも登壇し、女性議員が「今もポロシェンコ(ウクライナ大統領)は東部で子供たちを殺している」と主張した。紛争が続く東部に比して、クリミアは恵まれていると印象付ける意図が感じられた。

 沿道を埋めた子供たちは、学校の指示で動員されたようだった。参加者の公務員の男性(54)も、「強制ではないが、上司から参加を勧められた」と明かした。

   ■    ■

 ロシアは巨額を投じてクリミアとの一体化を進めている。2019年末までに車道、鉄道でロシアとクリミアを結ぶため、総投資額約3000億ルーブル(約6000億円)ともいわれる橋の建設を強行。昨年、クリミアへの投資は約1500億ルーブルあったとされるが、その大半はロシア政府の拠出だったとみられている。年金や警察官の給与などもロシアの水準に合わせて引き上げられ、これも住民の支持を集める一因となっている。

 一方で、クリミア経済は先行きがまったく見えない状況に陥りつつある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥
  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥
  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥
  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥
  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥
  • 親露派は「平和」を強調するが…ロシアとの一体化に見えぬ未来 観光地は閑古鳥

「ニュース」のランキング