産経ニュース

【米中外相会談】ティラーソン長官は北朝鮮の「核の脅威」強調 王毅外相「平和的解決には外交的手段を」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米中外相会談】
ティラーソン長官は北朝鮮の「核の脅威」強調 王毅外相「平和的解決には外交的手段を」

共同記者会見で握手するティラーソン米国務長官(左)と中国の王毅外相=18日、北京の釣魚台迎賓館(共同) 共同記者会見で握手するティラーソン米国務長官(左)と中国の王毅外相=18日、北京の釣魚台迎賓館(共同)

 【北京=藤本欣也】東アジアを歴訪中の米国のティラーソン国務長官は18日、就任後初めて中国を訪問し北京で王毅外相と会談、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮への対応や、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題について協議した。

 米中両国は4月中の習近平・中国国家主席の訪米と米中首脳会談を調整中で、外相会談でも大詰めの協議が行われたとみられる。

 会談後、王氏とティラーソン氏は米中の一部記者を前に共同会見を開催。米CNNテレビなどによると、ティラーソン氏は「会談で北朝鮮の核の脅威について改めて強調した」と述べるとともに、北朝鮮の核・ミサイル開発の抑止に向けて、双方が「新たな決意を確認した」ことを明らかにした。

 一方、王氏は「北朝鮮問題を平和的に解決するには外交的な手段を使うことが必要だ」と指摘。北朝鮮に対し、軍事行動を含む強硬策も辞さない構えのトランプ政権を牽制した。

続きを読む

「ニュース」のランキング