産経ニュース

【朴政権崩壊】韓国第3財閥・SKグループトップを聴取 会長特赦で朴槿恵前大統に賄賂か?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朴政権崩壊】
韓国第3財閥・SKグループトップを聴取 会長特赦で朴槿恵前大統に賄賂か?

 韓国の朴槿恵前大統領の疑惑を捜査中の検察が18日午後、同国3番手の大手財閥SKグループの経営トップ、崔泰源SK会長を出頭させ事情聴取した。崔会長は2015年8月、横領罪などで服役中に特赦で出所しており、SKが朴氏側へ賄賂を提供した見返りだった可能性があるとみているもようだ。

 朴氏は親友の崔順実被告とともに二つの財団を設立・運営し、財界に出資を要求した。SK側は両財団に約111億ウォン(約11億円)を拠出している。この見返りに朴氏が、崔会長の特赦などを指示した疑いが出ていた。

 2財団への拠出をめぐっては、韓国最大手のサムスングループが拠出した金が賄賂に当たるとして、特別検察官が、経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔被告を贈賄罪で起訴。崔順実被告の収賄罪での起訴状に、朴氏と共謀したことを明記している。

 検察は21日に朴氏を出頭させ、サムスンとの贈収賄事件などについて聴取する。(共同)

「ニュース」のランキング