産経ニュース

【国際情勢分析】中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も

5日、中国遼寧省で、営業停止処分となったロッテマートの入り口に張り出された紙を見つめる市民ら(ロイター) 5日、中国遼寧省で、営業停止処分となったロッテマートの入り口に張り出された紙を見つめる市民ら(ロイター)

 社説は続けて「中国は問題の根本、すなわち隣国の政権が、自国民が飢餓に近い状態で衰弱しているにも関わらず、核兵器を製造しているということに注意を集中させるべきだ」と主張。「北朝鮮に対話の機会を提供することは、米韓が持っている最も強いカードだ」として、米中が協力して危機を回避すべきだと訴えた。

 「このカードは北朝鮮が態度を劇的に変化させる前に出してはいけない。そうした対話が行われる可能性-加えて、北朝鮮の体制の転換は議題としないと約束すること-は、中国のみがとり得るさらなる経済的圧力と結びついたとき、北朝鮮に核実験とミサイル発射を中止しようと思わせることができるかもしれない」

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の「環球時報」(電子版、9日)の社説は、経済制裁は大国の小国に対する措置であるため、韓国には有効でも米国には発動できないと指摘。中国が米国に対して採るべき対抗策を提案した。

 「米国は中国の玄関先にTHAADを配備し、従来の戦略的バランスを崩した。ならば中国はもっと数多くの核弾頭と、防衛システムを突破できる能力がある戦略核弾頭を備えればいい」

 「米国が最も恐れるのは、外部が核抑止力を高めることだ。中国が核抑止力を強化する。これが米国に対する懲罰だ」

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も
  • 中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も
  • 中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も
  • 中国 ミサイル防衛配備の韓国に露骨な「いじめ」で対北の米中協調見えず メディアに「対米核戦力強化」も

関連トピックス

「ニュース」のランキング