産経ニュース

中国、武力行使含めた台湾統一にらむ 「国家統一法」制定を検討 独立に危機感強める

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、武力行使含めた台湾統一にらむ 「国家統一法」制定を検討 独立に危機感強める

北京の人民大会堂前で警備する武装警察隊員=3日(共同) 北京の人民大会堂前で警備する武装警察隊員=3日(共同)

 北京大台湾研究院の李義虎院長は10日、台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が昨年5月に発足して以降、台湾独立の危機が強まっているとの見方を示し「専門家らから武力行使を含めた台湾統一への道筋を定める『国家統一法』制定を求める声が高まっている」と明らかにした。

 李氏は中国の台湾政策に影響力を持つ専門家で、全国人民代表大会(全人代)開催中の北京でインタビューに応じた。制定への具体的な動きは「(代表メンバーが大幅に入れ替わる)来年の全人代以降」との見通しを示した。

 中国は2005年に民進党の陳水扁政権による台湾独立の動きを阻止するため、武力行使の法的根拠を与えた「反国家分裂法」を制定した。

 国家統一法の内容は不明だが、関係者は「国家の分裂行為を抑え込む反国家分裂法に対し、統一法は統一を促すのが狙い」と解説する。(共同)

このニュースの写真

  • 中国、武力行使含めた台湾統一にらむ 「国家統一法」制定を検討 独立に危機感強める

「ニュース」のランキング