産経ニュース

【朴政権崩壊】米国が声明「誰が大統領でも生産的な関係を」 朴槿恵氏罷免で国務省

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朴政権崩壊】
米国が声明「誰が大統領でも生産的な関係を」 朴槿恵氏罷免で国務省

韓国憲法裁判所の罷免決定を受け、悲しむ朴槿恵大統領の支持者ら=10日、ソウル(共同) 韓国憲法裁判所の罷免決定を受け、悲しむ朴槿恵大統領の支持者ら=10日、ソウル(共同)

 【ワシントン=加納宏幸】韓国憲法裁判所が国会で弾劾訴追された朴槿恵大統領を罷免する決定を言い渡したのを受け、米国務省のトナー報道官代行は9日夜、「韓国の国民が次期大統領に誰を選ぼうとも、生産的な関係を築くことを期待している」とする声明を発表した。

 トナー氏は声明で、朴氏の罷免について「韓国の国内問題であり、米国として立場を取らない」と表明。今後も韓国とは「確固とした同盟国、友人、パートナーであり続ける」とした。

 また、北朝鮮の脅威に対して同盟国としての責任を果たし続けると強調。トナー氏は憲法裁の決定に先立つ記者会見で、決定が米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛システム(THAAD)」配備に影響を及ぼす影響について「全くない」と否定した。

「ニュース」のランキング