産経ニュース

「中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー

ニュース 国際

記事詳細

更新


「中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー

産経新聞のインタビューに応じる、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相(廣池慶一撮影) 産経新聞のインタビューに応じる、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相(廣池慶一撮影)

 インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相(48)が来日し、東京都内で産経新聞の単独インタビューに応じた。中国政府によるチベット人への弾圧の実態を訴え、東シナ海や尖閣諸島(沖縄県石垣市)での中国の動きを念頭に、日本もチベットの経験から学ぶべきだと語った。(広池慶一)

 チベットの悲劇は現在も続いています。2009年以降、145人のチベット人が焼身自殺で命を落としました。報告を受ける度に胸がとても痛みます。

 決死の行動は、国際社会に救いを求めるメッセージです。亡命政府は、最も大事なのは命であり、焼身自殺をしないよう訴えていますが、彼らは自殺を図り、究極の犠牲を払うのです。

 チベットでは伝統建造物も次々と破壊されています。中国政府は現在「ラルンガル」と呼ばれる東チベット最大の仏教僧院の解体を進めています。1万2000人ほどいる僧侶や尼僧を追放し、5000人ほどに減らす計画です。「アチェンガル」でも寺院の破壊、僧侶たちの追放、宗教活動の禁止が日常的に起きており、追放される者は、この地に二度と戻らないという誓約書に署名させられます。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー
  • 「中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー

「ニュース」のランキング