産経ニュース

【マッド三枝が行く!!】「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!

ニュース 国際

記事詳細

更新

【マッド三枝が行く!!】
「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!

 米トランプ政権の国防長官、ジェームズ・マティス氏のニック・ネームは「マッド・ドッグ」(狂犬)であることは「産経ニュース」のユーザーならすでにご存じだろう。なんでもマティス長官は勇猛果敢なだけでなく、冷静で知的な言葉遣いができる人物らしい。一つの真実を追い求め、深層を読み解くニュースハンターに必要な資質にも通じる。ならば部下にも「マッド・ドッグ」が欲しい。WEB編集チームの1人の中年記者にS編集長は望みを託した。行け、「マッド三枝」!。お前はマッド・ドッグになるのだ!! 

 

 飲食店の個室で眠っていた年配の男性は、会いたいと思っていたその人物だった。遠目では老人に見えたが、近づくと中年の男性だった。「あなたは、反アパホテルのデモに関係してませんか」。男性は眠そうに顔を上げた--。

 S編集長が興奮した様子で駆け込んできた。

 「いやあ、マッド企画、評判良いよ」

 聞くと、読者からいくつか好意的なメールが寄せられたのだという。49歳ヒラ記者の自分にとっては、励みになるエールだ。

 だが、S編集長がもろ手を挙げて喜ぶはずがない。長いつきあいだ。ほめるときは、何かある。しかも、NHK強姦記者の真相を求めた山形出張で思わしい成果がなかったことを不満に思っているらしい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!
  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!
  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!
  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!
  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!
  • 「産経新聞は中国の悪口を書くから嫌いだ」男性はそう言って眼を閉じた…「反アパホテル」デモの背景を追う!

関連ニュース

「ニュース」のランキング