産経ニュース

ダイアナ妃死去20年 ケンジントン宮殿で衣装展 ドレスなど25点

ニュース 国際

記事詳細

更新


ダイアナ妃死去20年 ケンジントン宮殿で衣装展 ドレスなど25点

ダイアナ元妃が米俳優ジョン・トラボルタさんとダンスした際、着用したベルベットのドレス(左)とエルビス・プレスリーの襟の立った白い衣装に似た「エルビス・ドレス」=22日、ロンドン・ケンジントン宮殿(岡部伸撮影) ダイアナ元妃が米俳優ジョン・トラボルタさんとダンスした際、着用したベルベットのドレス(左)とエルビス・プレスリーの襟の立った白い衣装に似た「エルビス・ドレス」=22日、ロンドン・ケンジントン宮殿(岡部伸撮影)

 【ロンドン=岡部伸】英国のダイアナ元妃が死去して今年8月で20年を迎え、同妃が愛用した衣装の展示会「ダイアナ 彼女のファッションストーリー」が邸宅だったロンドンのケンジントン宮殿で24日から開かれる。

 米国の首都ワシントンのホワイトハウスで1985年に行われた夕食会で米俳優ジョン・トラボルタさんとダンスした際、着用したベルベットのイブニングドレスや89年に香港を公式訪問したときに着た米歌手のエルビス・プレスリーの襟の立った白い衣装に似た「エルビス・ドレス」など、各国の博物館や個人収集家から借り受けた25点が展示される。

 チャールズ皇太子との婚約記念の写真撮影で着用したピンクのブラウスや死去した97年にロンドン市内のボンド・ストリートにプライベートで買い物に出掛けた際に着たブルーのドレスも披露される。

 宮殿に住む長男ウィリアム王子と次男ヘンリー王子も賛同、展示は約2年間行われる。ダイアナ妃のデザイナーだったジャスパー・コンラン氏は「彼女はいつも衣装が、どのようなメッセージを発するか議論した。彼女にとって衣装はまさに言葉だった」との談話を寄せ、主催者は「展示会は、王室の規則と外交上の身支度を学ぶことを要求された若い女性の人生の軌跡」と話している。

「ニュース」のランキング