産経ニュース

【金正男氏殺害】実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道

ベトナム国籍のドアン・ディ・フォン容疑者=19日、マレーシア警察が発表(ロイター) ベトナム国籍のドアン・ディ・フォン容疑者=19日、マレーシア警察が発表(ロイター)

 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察に逮捕された実行犯の女2人が、殺害現場の空港で毒物とみられる「クリーム」を扱ったせいで、自分たちも体調を崩し、北朝鮮籍の男の容疑者と口論になっていたことが地元紙の報道で明らかになった。

 中国語紙、中国報によれば、女2人は男たちにいたずらビデオ出演のため雇われたと証言し、殺意を否認しているとされる。警察の調べに「いたずらをした後、熱くてヒリヒリする刺すような痛みを感じた」「男が私たちにトイレに行って手を洗えと言った」と供述した。2人は指示通り手を洗ったものの、頭痛や、手の上に熱くて刺激のある痛みがあり、男に「一体、何のクリームを渡したのか。なぜ、痛い感覚が出るのか」と問い詰め、口論になったという。

 2人のうちベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者はタクシーに乗って空港を離れた際、「頭がふらふらして脳が膨張する感じがし、ホテルに帰るとすぐに横になってぐっすりと寝た」と話した。

 2人は「事前に何度か、他の人たちに空港でいたずらをしたが、男が私たちに渡した道具はおそらく普通の水だった。気分は悪くなることはなかったし、いたずらをされた人も何もなかった」と述べたという。

このニュースの写真

  • 実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道
  • 実行犯の女2人「手に痛みや頭痛で男と口論」と供述 地元紙報道

「ニュース」のランキング