産経ニュース

【金正男氏殺害】浮かび上がる多国籍の犯行グループ 女は「殺人とは知らなかった」と供述 真の実行犯が別に存在する可能性も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
浮かび上がる多国籍の犯行グループ 女は「殺人とは知らなかった」と供述 真の実行犯が別に存在する可能性も

16日、金正男氏殺害事件で逮捕されたベトナム旅券を持つ容疑者の女が拘置されているとされる、マレーシア首都近郊のセパン警察署(吉村英輝撮影) 16日、金正男氏殺害事件で逮捕されたベトナム旅券を持つ容疑者の女が拘置されているとされる、マレーシア首都近郊のセパン警察署(吉村英輝撮影)

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)は16日、北朝鮮の金正男氏の殺害が、「外国の諜報員によるものだろうと信じるに足る理由がある」とするマレーシア警察幹部の見方を伝えた。同幹部はさらに、実行犯2人以外の人間が加担していたことは「明らかだ」とした。

 16日に逮捕された女について、インドネシア外務省は照会情報に基づき、インドネシア市民であることを確認したと発表。ただ、本名を名乗って暗殺をする行動には疑問がある。「工作員ならば犯行後に逃避するか自殺するはず」(元北朝鮮幹部)との指摘もある。

 同紙は犯行現場で、実行犯の女によく似た服装をして女装した男の工作員とみられる人物が目撃されていたとする情報も伝えている。ベトナム旅券を持った女は「殺人とは知らなかった」と述べており、真の実行犯が別に存在する可能性もある。

 正男氏は襲撃後は元気だったが、案内カウンターに行く前にトイレに立ち寄って容体が悪化しており、不明な点が多い。行方不明の男4人も含め、多国籍の“実行犯役”を整えた北朝鮮の工作部隊による周到な犯行との見方は捨てきれない。

このニュースの写真

  • 浮かび上がる多国籍の犯行グループ 女は「殺人とは知らなかった」と供述 真の実行犯が別に存在する可能性も
  • 浮かび上がる多国籍の犯行グループ 女は「殺人とは知らなかった」と供述 真の実行犯が別に存在する可能性も
  • 浮かび上がる多国籍の犯行グループ 女は「殺人とは知らなかった」と供述 真の実行犯が別に存在する可能性も

関連ニュース

「ニュース」のランキング