産経ニュース

【トランプ政権】フリン補佐官、側近争いに敗れ辞任? バノン氏が引導か、外交・安全保障政策に影響も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
フリン補佐官、側近争いに敗れ辞任? バノン氏が引導か、外交・安全保障政策に影響も

米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を辞任したフリン氏=2月1日、ホワイトハウス(AP) 米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を辞任したフリン氏=2月1日、ホワイトハウス(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領から大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の職を解かれたフリン氏はホワイトハウス内での側近争いに敗れたとの見方が強まっている。1月20日の就任以来、大統領令を連発して指導力を示してきたトランプ氏にとって、フリン氏の辞任は最初の挫折。政権内部の権力闘争は激化しており、外交・安全保障政策に影響を及ぼす可能性もある。

 フリン氏をめぐっては、かねてロシアのプーチン政権との近さがささやかれていた。フリン氏は2014年に陸軍から退役した後、ロシアの国営テレビ「RT」(旧ロシア・トゥデー)に出演。2015年にはロシアで開かれたRT開局10周年を記念する行事にプーチン露大統領と同席し、講演料を受け取っていたとされる。

 ロシアとの接近を図ろうとしているトランプ氏に対し、米議会共和党は制裁の継続を主張。議会の対露強硬論がフリン氏の辞任に影響した可能性がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • フリン補佐官、側近争いに敗れ辞任? バノン氏が引導か、外交・安全保障政策に影響も
  • フリン補佐官、側近争いに敗れ辞任? バノン氏が引導か、外交・安全保障政策に影響も

「ニュース」のランキング