産経ニュース

【日米首脳会談】中国報道官、尖閣諸島への安保適用明記に「不法な領土主張を裏書き」と反発

ニュース 国際

記事詳細

更新

【日米首脳会談】
中国報道官、尖閣諸島への安保適用明記に「不法な領土主張を裏書き」と反発

 中国外務省の耿爽報道官は13日の記者会見で、日米首脳会談後の共同声明において尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安全保障条約第5条の適用対象と明記されたことについて、「日本が日米安保の名目で米国に不法な領土主張の裏書きをさせることに断固として反対する」と主張した。

 また、共同声明が南シナ海での「拠点の軍事化」を避けるよう関係国に求めたことについて耿氏は「中国が自らの島嶼(とうしょ)上で関係施設を建設するのは完全に主権の範囲内であり、軍事化とは無関係だ」と反発。「一部の国家が艦艇や航空機を南シナ海に派遣して武力を見せつけたり、(関係国間の)離間をそそのかしたりすることこそが、南シナ海の『軍事化』の最大の要因だ」と日米を牽制(けんせい)した。(北京 西見由章)

このニュースの写真

  • 中国報道官、尖閣諸島への安保適用明記に「不法な領土主張を裏書き」と反発
  • 中国報道官、尖閣諸島への安保適用明記に「不法な領土主張を裏書き」と反発

「ニュース」のランキング