産経ニュース

【緊迫・南シナ海】パラセル諸島で中国が対潜基地整備か 米CSISが分析

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
パラセル諸島で中国が対潜基地整備か 米CSISが分析

 【ワシントン=加納宏幸】米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は8日、中国が南シナ海で領有権を主張するパラセル(中国名・西沙)諸島で地対空ミサイルが配備されたウッディー(同・永興)島を軍事拠点として強化するとともに、同諸島のダンカン島でもヘリコプターが離着陸できる基地を建設したと発表した。対潜水艦作戦の重要拠点とする狙いがあると分析している。

 昨年8月に撮影された衛星写真で、ダンカン島には8つのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)や格納庫を備えたヘリ基地が建設されていることが分かった。同島とつながるパーム島との間を浚渫(しゅんせつ)し、港湾施設を整備。2013年12月に撮影された衛星写真では基地の存在は確認されておらず、軍事拠点化を進める意図は明らかだ。

 CSISは中国が西沙諸島を南シナ海全体を監視し、戦力を投射する拠点とする意図があると分析。ダンカン、パーム両島がウッディー島に次ぐ「2番目に先進的な軍事基地」を構成していると指摘した。

 トランプ米政権では、マティス国防長官は4日の稲田朋美防衛相との会談で南シナ海に関し、「米軍による大規模な軍事行動は現時点で全く必要ない」と述べたが、就任前のティラーソン国務長官は、中国が建設する人工島への接近を認めない可能性を示唆し、中国の南シナ海進出に厳しい態度で臨む方針を明確にした。トランプ政権の中国への対応が注目される。

「ニュース」のランキング