産経ニュース

【トランプ大統領始動】イラク難民2人、米空港で拘束 カイロでは6人、NY便の搭乗拒否される

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ大統領始動】
イラク難民2人、米空港で拘束 カイロでは6人、NY便の搭乗拒否される

27日、ワシントン近郊の米国防総省で、署名した大統領令を掲げるトランプ大統領(左)(UPI=共同) 27日、ワシントン近郊の米国防総省で、署名した大統領令を掲げるトランプ大統領(左)(UPI=共同)

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、ニューヨークに空路到着したイラク人の難民2人が27日、ケネディ国際空港で拘束された。全ての国からの難民受け入れを120日間凍結するとした、トランプ米大統領の大統領令を受けた措置とみられる。

 またロイター通信によると、エジプトのカイロ国際空港では28日、イラク人5人とイエメン人1人の計6人が、ニューヨーク行きエジプト航空機への搭乗を拒否された。具体的な理由は不明だが、イラク、イエメン両国はトランプ氏の大統領令で、一般市民の入国も禁止するとしたイスラム教国7カ国に含まれている。

 6人は乗り継ぎのためにカイロに到着。空港当局筋によると、それぞれイラクとイエメンに引き返した。いずれも米国の査証(ビザ)を所持していたという。

 トランプ氏は27日、テロリストの流入を阻止するための大統領令に署名。難民は120日間受け入れを凍結し、シリアからは無期限で停止。イエメン、イラク、イラン、シリア、スーダン、ソマリア、リビアの一般市民の入国を、90日間禁止するとしている。(共同)

「ニュース」のランキング