産経ニュース

【トランプ大統領始動】中絶政策転換、米大統領令で助成金禁止

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ大統領始動】
中絶政策転換、米大統領令で助成金禁止

ドナルド・トランプ次期米大統領(ロイター) ドナルド・トランプ次期米大統領(ロイター)

 トランプ米大統領は23日、海外で人工妊娠中絶に関する支援を行う民間団体への連邦助成金支出を禁じる米大統領令に署名した。女性の「選ぶ権利」を重視したオバマ前政権の政策を覆し保守色を鮮明にした。

 人工妊娠中絶は、銃規制と並び国を二分する社会問題。宗教的な価値観に基づく反対派と、女性の権利を重視する賛成派のせめぎ合いが続き、助成禁止措置への対応も変遷してきた。

 助成禁止措置は、1984年にレーガン元大統領が施行。クリントン元大統領が93年に撤廃した後、ブッシュ元大統領が2001年に再施行したが、オバマ前大統領が09年に拠出再開に踏み切った。

 助成禁止措置は「グローバル・ギャグ・ルール(口封じの世界ルール)」とも呼ばれ、全米市民自由連合(ACLU)は「数百万人の女性の生命が危険にさらされる」と指摘した。(共同)

「ニュース」のランキング