産経ニュース

【歴史戦】釜山の慰安婦像設置問題 韓国首相「民間が設置。政府があれこれ言うのは難しい」 年頭の記者会見で

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
釜山の慰安婦像設置問題 韓国首相「民間が設置。政府があれこれ言うのは難しい」 年頭の記者会見で

記者会見する韓国大統領権限代行を務める黄教安首相=23日、ソウル(聯合=共同) 記者会見する韓国大統領権限代行を務める黄教安首相=23日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国で職務停止状態の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領の代行を務める黄教安(ファンギョアン)首相は23日、年頭の記者会見で釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題について、「韓日関係の未来のためにどのように解決するか知恵を集めていくことが必要だ。時間がかかろうが必ず克服できるよう努める」と述べた。

 ソウルの政府庁舎で会見した黄氏は「像は民間が設置した。政府が関与しあれこれ言うのは難しい状況だ」と従来の姿勢を繰り返した。一方で、「韓日間の重要な関心事であり政府も関心を持っている。さまざまなルート、チャンネルを通じて協議を進めている」と語った。ただ、具体的な解決策には触れなかった。

 また、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備について黄氏は「速やかな配備が必要ということを前提に米国と協議を進めている」と説明。THAAD配備に中国が反発していることに対しては「昨年6月に訪中し、習近平国家主席や李克強首相と十分話し合った。今後も努力を続けていく」と述べた。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング