産経ニュース

【日曜経済講座】踊り場のトランプ「3高」相場、工業州に恩返し? ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

ニュース 国際

記事詳細

更新

【日曜経済講座】
踊り場のトランプ「3高」相場、工業州に恩返し? ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

 とどめは、今月半ばになって米メディアに掲載されたトランプ氏のインタビューである。トランプ氏が「ドルは高すぎる」と発言すると、ドルはさらに売り込まれ、主要通貨に対して1カ月ぶりの安値をつけた。

 ドル高、金利高に株高-。大統領選でトランプ氏が当選したのを機に本格化した「3高」相場が踊り場を迎えている。大統領選後、市場参加者は来るトランプ政権の政策を先読みした。「積極的な財政政策・減税→好景気の持続→金利高・株高→米国への資金流入→ドル高」という見立てが「3高」相場の背景だ。消費者信頼感指数といった景況感を示す指標も改善した。

 投票日の昨年11月8日を起点にすると、今月18日時点で、代表的な株式指数であるS&P500種は6%高、ドルの強さに連動する上場型投信価格(ドル指数)で3%高、金利の目安である長期国債利回りで0・6ポイント前後上昇(価格ベースで4%ほど低下)している=グラフ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 踊り場のトランプ「3高」相場、工業州に恩返し? ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • 踊り場のトランプ「3高」相場、工業州に恩返し? ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

「ニュース」のランキング