産経ニュース

【トランプ次期大統領】国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ次期大統領】
国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」

次期国連大使となるニッキー・ヘイリー・サウスカロライナ州知事=18日、ワシントンの連邦議事堂(AP) 次期国連大使となるニッキー・ヘイリー・サウスカロライナ州知事=18日、ワシントンの連邦議事堂(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ次期米大統領が国連大使に指名したサウスカロライナ州知事のニッキー・ヘイリー氏の指名承認公聴会が18日、上院外交委員会で開かれ、米国が国連予算の22%を分担しながらそれに見合った見返りを得られているのかと疑問を呈し、見直しを主張した。

 ヘイリー氏は米国による世界第1位の拠出率を「不釣り合いな貢献」だと指摘。「支払いに対して私たちは何を得ているのか」と問い、必要性の低い事業の見直しを求めることなどを通じて国連に改革を促す考えを示した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発に関しては「非常に危険な状況に陥っている」とし、北朝鮮と関係の深い中国が持つ影響力を発揮させると強調した。

 また、国連安全保障理事会が昨年12月、イスラエルのユダヤ人入植活動を非難する決議を可決させたことを批判した。オバマ政権は拒否権を行使せず棄権に回っていた。

 副大統領候補として名前が挙がったこともあるヘイリー氏はインド系女性。大統領選で女性蔑視発言が問題視されたトランプ氏が、女性や人種的少数派に配慮した人事とみられている。

このニュースの写真

  • 国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」
  • 国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」
  • 国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」
  • 国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」
  • 国連分担金の見直しに言及 米国連大使候補のへイリー氏「不釣り合いな貢献」

「ニュース」のランキング