産経ニュース

台湾旅行の中国人減少 解禁以降初、関係悪化受け

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾旅行の中国人減少 解禁以降初、関係悪化受け

 中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光報道官は11日の記者会見で、台湾へ行った2016年の中国人旅行客数が前年比で14.4%減少したことを明らかにした。減少に転じたのは、08年に中国から台湾への団体旅行が解禁されて以降初めて。

 馬氏は「台湾当局が中国への政策を変更し、中台交流の雰囲気が悪化したことが影響している」と述べ、昨年5月に発足した台湾独立志向の民主進歩党の蔡英文政権を批判した。

 また今年の中台関係について「不確定要素が多くリスクが増大している」と指摘。「一つの中国」原則に基づく「1992年合意」が関係発展の政治的基礎だと主張し、蔡総統に受け入れるよう求め続ける考えを示した。(共同)

「ニュース」のランキング