産経ニュース

中国が異例の「アジア太平洋安全白書」 トランプ氏就任前に初公表

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国が異例の「アジア太平洋安全白書」 トランプ氏就任前に初公表

 【北京=西見由章】中国国務院(政府)新聞弁公室は11日、「アジア太平洋安全協力政策白書」を公表した。日米などを念頭に「一部の国がアジア太平洋で軍備を増強し、軍事的な制約を緩和している」と懸念を示しつつ、話し合いによる争いの解決や地域の安定への努力を強調している。

 中国国内では、20日に就任するトランプ次期米大統領がオバマ政権によるアジアへの「リバランス」(再均衡)政策を安全保障面で強化し、中国に対してより強硬な態度で臨むとの懸念が高まっている。

 中国が初めて公表した白書は、米国などとの対立の先鋭化を避けるために対話ムードを演出する狙いがありそうだ。

 白書では、アジア太平洋地区の「主要国」として、まず米国との関係に言及。「中国側は中米関係の安定的な発展の継続を望んでおり、次期政権とともに努力したい。衝突せず対抗せず、相互尊重する原則を堅持する」とした。

 ロシア、インドに続いて日中関係にも触れ「日本側の歴史や海洋などの問題でのマイナスの動向」を指摘し、関係改善を阻害しないよう求めた。韓国については個別には触れなかった。

「ニュース」のランキング