産経ニュース

タイ総選挙、来年にずれ込みか タイ新国王が憲法草案差し戻し

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイ総選挙、来年にずれ込みか タイ新国王が憲法草案差し戻し

 【シンガポール=吉村英輝】タイ暫定政権のプラユット首相は10日、新憲法草案が、王室から修正のため差し戻されると述べた。修正には約3カ月かかるとした。新憲法の公布が計画より遅れることで、民政復帰に向けて年内に行うとしてきた総選挙の投開票が、来年にずれ込む可能性が大きくなった。

 ワチラロンコン新国王側から、草案の中の王室の権限に関する条項で、修正要求を受けたとしたが、詳細は不明。現地メディアは、国家立法議会(NLA)が修正を行うと伝えた。

 民政復帰に向けた軍政のロードマップ(行程表)は、今年2月上旬までに新憲法が国王の署名を経て公布され、その後に政党の要件などを定めた総選挙関連法を制定し、今年末までに投開票を行う流れとなっている。だが、憲法草案の修正作業により、行程は遅れそうだ。

「ニュース」のランキング