産経ニュース

次世代へのたばこ販売禁止 ロシアで提案、2015年以降出生の全国民に

ニュース 国際

記事詳細

更新


次世代へのたばこ販売禁止 ロシアで提案、2015年以降出生の全国民に

フィリップモリスジャパンの電気加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」。ポケットチャージャー(右)で充電したホルダー(左)に専用たばこを差し込んで喫煙する フィリップモリスジャパンの電気加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」。ポケットチャージャー(右)で充電したホルダー(左)に専用たばこを差し込んで喫煙する

 9日付のロシア紙イズベスチヤは、2015年以降に出生したロシア国民について、成人になった後もたばこを買えないようにする販売禁止措置を保健省が関係省庁に提案したと報じた。

 主要国で異例となる成人へのたばこ販売禁止措置が実現すれば、禁煙化がさらに加速し、ロシア市場でビジネスを積極展開する日本たばこ産業(JT)にも影響が出そうだ。ただ、ロシアの成人年齢は18歳のため、販売禁止措置の導入は33年となる見込みだ。

 ロシアはかつて喫煙大国だったが、プーチン政権は健康被害を問題視し、2008年に世界保健機関(WHO)による「たばこ規制枠組み条約」に加盟して対策を本格化。毎年、課税強化でたばこを値上げし、ホテルや飲食店での喫煙も全面的に禁じている。

 同紙によると、ロシアの成人喫煙率は09年に39%だったが、16年は33%にまで減少したという。(共同)

「ニュース」のランキング