産経ニュース

【釜山・慰安婦像設置】韓国外務省「非常に遺憾」 日本政府の対抗措置に論評

ニュース 国際

記事詳細

更新

【釜山・慰安婦像設置】
韓国外務省「非常に遺憾」 日本政府の対抗措置に論評

韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に従軍慰安婦被害を象徴する少女像を設置し、記者会見する市民団体のメンバーら=2016年12月30日(共同) 韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に従軍慰安婦被害を象徴する少女像を設置し、記者会見する市民団体のメンバーら=2016年12月30日(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国南東部釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際条約違反への対抗措置として日本政府が長嶺安政駐韓大使の一時帰国などを決定したことに対し、韓国外務省は6日、「非常に遺憾である」とする報道官論評を発表した。

 論評は、「困難な問題があっても韓国政府は、両国政府間の信頼関係を基に韓日関係を持続、発展させていかなければならないということを再度、強調する」とした。

 慰安婦像をめぐり、釜山市東区が一転して設置を認めた先月30日、韓国外務省は「外交公館の保護に関する国際儀礼や慣行の面からも(設置場所を)考える必要がある」と表明。「適切な場所について、知恵を集められるよう期待する」としていた。

「ニュース」のランキング