産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国の大気汚染拡大、「赤色警報」32都市に

北京の故宮博物院で、深刻な大気汚染のためマスクをする観光客=5日(共同) 北京の故宮博物院で、深刻な大気汚染のためマスクをする観光客=5日(共同)

 中国北京市を中心に発生した重度の大気汚染は5日、周辺地域に広がり、同日までに32都市が最も深刻な「赤色警報」を発令した。中国メディアが伝えた。政府は汚染物質を排出する工場の見回りを強化するなど取り組みをアピールしているが、住民の不満は高まるばかりだ。

 北京市では5日、雪がちらつき、市気象局は汚染物質が付着しているとして「雪は汚いので傘を差すように」と呼び掛けた。北京の米大使館のウェブサイトによると、微小粒子状物質「PM2.5」を含む汚染指数は最悪レベルの「危険」を示す380を記録した。

 北京市は2番目に深刻な「オレンジ警報」を維持しているが、インターネット上には「なぜ赤色警報じゃないのか」「必死でメンツを保っているだけだ」などの批判が書き込まれた。(共同)

このニュースの写真

  • 中国の大気汚染拡大、「赤色警報」32都市に

「ニュース」のランキング