産経ニュース

【国際情勢分析】高額紙幣廃止を受けたインドの「資金洗浄」 両替商が語る驚きの手口

ニュース 国際

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
高額紙幣廃止を受けたインドの「資金洗浄」 両替商が語る驚きの手口

2016年11月17日、ニューデリー市内の銀行で、新旧紙幣の交換などを求めて列をなす市民(岩田智雄撮影) 2016年11月17日、ニューデリー市内の銀行で、新旧紙幣の交換などを求めて列をなす市民(岩田智雄撮影)

 インド政府は2016年11月9日、ブラックマネー(非合法資金)対策のため高額紙幣を廃止した。しかし、不正蓄財が疑われる旧紙幣は、かなりの金額が秘密裏に新紙幣に交換され、資金洗浄(マネーロンダリング)された。首都ニューデリー市内の両替商の男性が、その手口を明らかにした。

 この両替商は、市中心部の繁華街の店で、外国人などを相手に外貨をインド通貨に両替している。最近、警察当局の捜査を受けて、新紙幣80万ルピー(約140万円)相当を含む130万ルピー(約225万円)のカネを押収された。しかし、男性の資金洗浄容疑には十分な証拠がなく、数日後には、押収金はすべて返却された。

■インドの高額紙幣廃止■ ナレンドラ・モディ首相(66)が11月8日、高額の千ルピーと五百ルピー紙幣の使用を9日午前0時に禁止するとテレビ演説で突然、発表した。新たに二千ルピーと新五百ルピーの紙幣を導入。ブラックマネー(非合法資金)や違法取引、テロリストへの資金供給を防ぐ狙いだが、現金決済に大きく依存する同国内は大混乱となった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高額紙幣廃止を受けたインドの「資金洗浄」 両替商が語る驚きの手口
  • 高額紙幣廃止を受けたインドの「資金洗浄」 両替商が語る驚きの手口
  • 高額紙幣廃止を受けたインドの「資金洗浄」 両替商が語る驚きの手口

「ニュース」のランキング