産経ニュース

米電力会社にサイバー攻撃、ロシアからと報道 ワシントン・ポスト

ニュース 国際

記事詳細

更新


米電力会社にサイバー攻撃、ロシアからと報道 ワシントン・ポスト

 米紙ワシントン・ポスト電子版は昨年12月30日、東部バーモント州の電力会社のシステムに、ロシアからサイバー攻撃を受けた形跡が見つかったと報じた。具体的な時期や被害実態、米大統領選への干渉疑惑と関連があるのかなどは明らかではない。

 同紙は複数の当局者の話として、ロシアによる公共設備へのサイバー攻撃は多くないものの、国家のインフラに関わる問題だけに事態は「深刻だ」と指摘した。

 ロシア側の意図も不明だが、電力供給に不具合を引き起こす狙いや、実際にサイバー攻撃が可能かどうかを試した可能性がある。米連邦捜査局(FBI)の報告書によると、ロシア政府が関わるサイバー攻撃は「フィッシング」と呼ばれる手口で、パスワードを盗む傾向があるという。(共同)

「ニュース」のランキング