産経ニュース

ロシア“代用酒”で年1万人超死亡 「テロ、戦争より深刻」「民族的虐殺」 貧困、腐敗…根本問題の解決急務

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシア“代用酒”で年1万人超死亡 「テロ、戦争より深刻」「民族的虐殺」 貧困、腐敗…根本問題の解決急務

ロシア・イルクーツクで、入浴剤を飲んで中毒を起こし病院に搬送された女性=22日(タス=共同) ロシア・イルクーツクで、入浴剤を飲んで中毒を起こし病院に搬送された女性=22日(タス=共同)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア・東シベリアのイルクーツクで、アルコールの入った入浴剤を酒代わりに飲用した人が次々と中毒死した事件は、30日までに死者が72人に達し、政権は安価なアルコール含有品の規制に本腰を入れる構えを見せている。ただ、今回の事件は氷山の一角にすぎない。ロシアでは“代用酒”による死者が年間1万4千人を超え、アルコール依存や貧困などの根本的問題の解決が急務となっている。

 イルクーツクでは16日以降、入浴剤を飲んだ人々が相次いで病院に搬送され、メチルアルコールによる中毒症状で72人が死亡。連邦捜査委員会は、入浴剤の製造や販売に関与したとして22人を拘束した。問題の商品は正規販売のウオツカの半額以下で売られていた。

 事態を重くみたプーチン大統領は、原因の究明と対策を急ぐよう政府に指示。25%以上のアルコールを含む「非飲料品」が30日間の販売停止とされたほか、これらに酒税をかけることが検討され始めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング