産経ニュース

トランプ大統領で世界はどうなる? 石油や天然ガスの大増産で日本も恩恵、「反中親露」で世界はより安全に

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ大統領で世界はどうなる? 石油や天然ガスの大増産で日本も恩恵、「反中親露」で世界はより安全に

トランプ氏(左)と、国防長官への指名が発表されたマティス退役海兵隊大将(AP) トランプ氏(左)と、国防長官への指名が発表されたマティス退役海兵隊大将(AP)

 2017年1月20日の大統領就任式を待たずに、ドナルド・トランプ米政権がスタートした感がある。オバマ大統領の影は極めて薄く、トランプ氏の発言や主要人事が、政治のみならず、世界経済をも動かし始めた。(夕刊フジ)

 トランプ政権で世界がどうなるかを予測することは、それほど難しいことではない。選挙演説や著作などで、トランプ氏は実行すべき政策について、かなり大胆に語ってきているからだ。

 第1に、米国経済は回復し、長期の好景気を迎えるだろう。

 政権発足を待たずに、株価は上昇し、ドルは強くなっている。「国内で1兆ドル(約117兆4100億円)のインフラ投資をやる」というトランプ氏の公約を、経済界は大歓迎している。

 オバマ政権の過剰な環境規制を緩和し、国内で石油や天然ガスの大増産を行うので、米国の景気はさらに良くなる。国内でマネーの拡大再生産的な循環が始まるだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング