産経ニュース

日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」

ニュース 国際

記事詳細

更新


日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」

7日、米ホノルルでの真珠湾攻撃75年の追悼式典で、攻撃から生き延び、昨年亡くなった父を思い出し涙をこらえる女性(左)(ゲッティ=共同) 7日、米ホノルルでの真珠湾攻撃75年の追悼式典で、攻撃から生き延び、昨年亡くなった父を思い出し涙をこらえる女性(左)(ゲッティ=共同)

 【ホノルル=中村将、ワシントン=加納宏幸】米ハワイの真珠湾で行われた旧日本軍の真珠湾攻撃75年の式典には、日系人であるハリス米太平洋軍司令官ら軍関係者や退役軍人とその家族、やはり日系のイゲ・ハワイ州知事ら約3800人が参加した。

 ハリス司令官は「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった。毎年12月7日は退役軍人の行動を思いだす。われわれは退役軍人の勇気を絶対に忘れない」とスピーチした。山本五十六連合艦隊司令長官の出身地で、ホノルル市と姉妹都市の新潟県長岡市の磯田達伸市長らも式典に出席。8日には、真珠湾内で米海軍と在ホノルル日本総領事館主催で、初の日米共催の追悼式典も行われる。

 首都ワシントンでも7日、退役軍人らが出席して式典が行われ、ペンス次期副大統領やマケイン上院軍事委員長らが臨席した。

 トランプ次期大統領はフェイスブックで談話を発表し、真珠湾への攻撃で米国民が戦いに立ち上がったことが「今日、直面する新たな挑戦に立ち上がらなければならないと私たちを鼓舞している」と強調。「勇敢な米国民から渡された自由のともしびを消すことは許されない」と呼びかけた。

このニュースの写真

  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」
  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」
  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」
  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」
  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」
  • 日米開戦75年 真珠湾とワシントンで追悼式典 太平洋軍司令官「敵は親密な友人に」

「ニュース」のランキング