産経ニュース

【激震・朴政権】怒れる「民心」におびえる韓国政界 野党代表にも抗議メール攻勢…冷静な議論封じ込め

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
怒れる「民心」におびえる韓国政界 野党代表にも抗議メール攻勢…冷静な議論封じ込め

韓国国会で会合を行う、与党セヌリ党の非主流派議員=4日、ソウル(聯合=共同) 韓国国会で会合を行う、与党セヌリ党の非主流派議員=4日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣問題をめぐり、野党側は与党との協議を拒み続けている。最大規模となった3日のデモが示した「民心」は、弾劾による退陣だけを求めているとみるためだ。激しい抗議の矛先は野党側にも向かい始め、国政の混乱から抜け出すための冷静な議論さえ封じ込めつつあるようだ。

 「100回でも反省と謝罪をし、国民に許しをこう」。与党「セヌリ党」は4日、ソウルで主催者側が170万人、警察が32万人が参加したと推計する3日の大規模集会を受け、こう謝罪するコメントを出した。

 ソウルのセヌリ党本部にもデモ隊が押し寄せ、卵などが投げ付けられた。与党議員の地方事務所に抗議に押しかけた参加者もいた。

 過激な抗議行動はインターネットでも展開され、大統領府のウェブサイトが3日夜、一時接続しづらくなった。集会の主催団体がアクセスを集中させるサイバー攻撃を呼びかけた影響とみられ、大統領府は「攻撃は法律違反になる」との警告文を掲載した。

 攻撃にさらされたのは与党や大統領府だけではない。3日の集会に参加した第2野党「国民の党」幹部らには「なぜ来た!」といった非難がぶつけられた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 怒れる「民心」におびえる韓国政界 野党代表にも抗議メール攻勢…冷静な議論封じ込め

「ニュース」のランキング