産経ニュース

【トランプ-蔡 電話会談】「何が悪い」 米台の「本音と建前」に一石 ホワイトハウスは不快感 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ-蔡 電話会談】
「何が悪い」 米台の「本音と建前」に一石 ホワイトハウスは不快感 

トランプ次期米大統領(左)と台湾の蔡英文総統(AP) トランプ次期米大統領(左)と台湾の蔡英文総統(AP)

 【ワシントン=加納宏幸、台北=田中靖人】トランプ次期米大統領は台湾の蔡英文総統と電話協議をすることで、台湾をめぐり歴代大統領が使い分けてきた「本音と建前」を排し、前例にとらわれない外交手法をみせた。中国牽制(けんせい)の意図は不明だが、北京の顔色をうかがってきた米国外交のあり方に一石を投じたことは間違いない。

 トランプ氏は2日、ツイッターで蔡氏が電話をかけてきたと強調。米メディアが前例のない行動と報じ、北京から反応が出始めると再びツイッターで「米国は台湾に何十億ドルもの兵器を売りながら、私がお祝いの電話を受けてはいけないとは興味深い」と書いた。

 1979年の台湾との断交以来、米国は「一つの中国」原則を認識しているとの「建前」から、大統領と総統の会談を控えてきた。中南米訪問時などの乗り継ぎを名目に総統が米国の地方都市を訪れることはあっても、首脳を遇したと受け取られる首都ワシントン訪問は認めてこなかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング