産経ニュース

イスラム侮辱の知事起訴、ジャカルタで大規模集会

ニュース 国際

記事詳細

更新


イスラム侮辱の知事起訴、ジャカルタで大規模集会

コーランを侮辱したとして、キリスト教徒であるバスキ・ジャカルタ州特別州知事の身柄拘束を求めてデモをするイスラム教徒ら=2日、ジャカルタ(ロイター) コーランを侮辱したとして、キリスト教徒であるバスキ・ジャカルタ州特別州知事の身柄拘束を求めてデモをするイスラム教徒ら=2日、ジャカルタ(ロイター)

 インドネシア検察は1日夜、イスラム教を侮辱した宗教冒涜罪で、同国では少数派のキリスト教徒であるバスキ・ジャカルタ特別州知事を在宅起訴した。イスラム団体などは2日、知事の身柄拘束を求める大規模な集会を首都ジャカルタで開いた。

 集会参加者は、金曜日のイスラム教の礼拝に合わせ、ジャカルタ中心部の独立記念塔(モナス)の敷地内に集結。警察や軍は、集会参加者が暴徒化することや、大規模集会に乗じたテロの恐れもあるとして厳重な警戒態勢を敷いた。

 バスキ氏は再任を目指し来年2月の知事選に立候補。住民に向けた9月の演説で「(イスラム教の聖典)コーランに惑わされているから、あなた方は私に投票できない」などと発言し、イスラム団体などが刑事告発。警察の捜査を受けて、検察が在宅起訴した。(共同)

このニュースの写真

  • イスラム侮辱の知事起訴、ジャカルタで大規模集会
  • イスラム侮辱の知事起訴、ジャカルタで大規模集会

関連ニュース

スー・チー氏、インドネシア訪問見送り ロヒンギャめぐるイスラム教徒反発に配慮か

「ニュース」のランキング